お花をみる

開花情報

NEW!何ができるかな~?

何ができるかな~?
見ごろ 12月11日(火)の活動の様子です
場所 匠の館付近
コメント ガーデンボランティアのみなさんが、図案用紙とにらめっこしながら作っているのはフラワーウォールの一部分になるものです。花苗が24個入る枠付きのトレーに図案のとおりにお花をはめていきます。花苗は、ポットからはずし専用のスポンジに包んでトレーにはめていくのですが、この作業を25トレー分も繰り返します!始めは楽しげな会話が聞こえていましたが、集中するにつれてみなさん真剣な面持ちに。1つのトレーではどんな模様が出来上がるか分かりませんが、全部そろえるとその全貌が明らかになります!さて一体どんな模様のフラワーウォールができあがるのでしょうか♪

NEW!完成!みんなで頑張りました!

完成!みんなで頑張りました!
見ごろ 5月初旬頃まで
場所 匠の館付近
コメント フラワーウォールが完成しました!たくさんのビオラを使ってとても華やかな作品に仕上がりました。これだけのお花があるので、前を通りかかると良い香りがしてきます。写真では一部分が隠れていますが、黒いビオラの部分がアルファベットになっているのにお気づきですか?少し離れたところから見ていただくと、きっと何が描かれているかお分かりいただけると思います。足を運んでいただいた際には、この前で記念写真を撮ったり、このフラワーウォールがどんな風に作ってあるのかを見ていただくのも楽しいと思います!

NEW!華やかにお出迎え♪

華やかにお出迎え♪
見ごろ 5月初旬頃まで
場所 イングリッシュガーデン入口
コメント 以前にガーデンボランティアのみなさんに作っていただいたハンギングバスケットが飾られました!毎年花の色を変えていますが、今回は黄色とオレンジでそろえました。12月も半ばを過ぎ寒さに負けそうになりますが、明るい花色に元気がもらえそうです!

フリフリの花びらでおしゃれに♪

フリフリの花びらでおしゃれに♪
見ごろ 5月中旬ごろまで
場所 イングリッシュガーデン内各所
コメント パンジーやビオラは、みなさんが知っているお花の定番ですが、数多くの品種があり花色も豊富です。また花びらの形も写真の「ミルフル イエローフリル」のように細かなフリルになったものなどがあり、他にも八重咲きの品種が作られています。ところで、パンジーとビオラの違いは明確には区別されているわけではないようですが、主に花の大きさ(直径)で区別されることが多いようです。大きめがパンジーで、小さめがビオラと呼ばれますが、多くある品種の中には、中くらいのサイズのものがあったりして呼び名に迷ってしまいます。今はまだ、小さな株ですが、冬を越え春を迎える頃にはボリュームたっぷりの花姿に育ちます。チューリップとの共演も楽しみです!

冬のお庭の頼れるお花です!

冬のお庭の頼れるお花です!
見ごろ 3月上旬頃まで
場所 イングリッシュガーデン内各所
コメント 今の季節、夏から秋まで咲いていた草花も終わり、春に向けてチューリップなどの植え付けをします。さて、その球根の花が見られるのはまだ先です。その間ガーデンを彩ってくれるのがこのストックです!切り花としても人気のある花で、花もちが良く香りも好まれています。写真は「ストック キスミーローズ」です。赤紫色が鮮やかで存在感があります。草丈は低めで20~30センチほどですが、他の花苗が小さい中で花壇の高低差を出すものとしてとても重宝します!他にも白やピンクや紫色があり、ゴージャスな八重咲きと清楚な一重咲きもあります。それぞれに魅力が楽しめるお花です。

どこからともなくいい香り~

どこからともなくいい香り~
見ごろ 2月上旬頃まで
場所 コニファーガーデン
コメント イングリッシュガーデンに入ってすぐ左にコニファーガーデンの小道があります。先へ進むとフワッといい香りがしてきます。きっと何の香りかすぐ気付かれるでしょう。例年より少し早めの開花ですが、和スイセンが咲き始めました!この花の原産は、地中海沿岸でスペイン、ポルトガル、北アフリカなどにも分布しています。日本には室町時代頃にシルクロードを通り中国から渡来したと言われています。古くからあるなじみのお花ですが、長い道のりを経て、日本にやってきた歴史があることに驚きます。

赤い実たくさん!

赤い実たくさん!
見ごろ 12月末ごろまで(剪定作業の状況により早く切ることがあります)
場所 ハーブガーデン付近
コメント この赤い実を見て、南天ですか?とよく聞かれますが、これは「ノイバラ」の実です。5月のバラのシーズンには白い小輪の花がたくさん咲いている姿を見せてくれていました。ふつうは花がら摘みをするためバラの実を見ることは少ないですが、ノイバラなどの一季咲きのものは、あえて花がら摘みをせずに残しておくと写真のように可愛らしい実を楽しむことができます!

イングリッシュガーデン

イングリッシュガーデン

四季を通していろんな顔を持つベルファーム

敷地面積約1.4ha
四季を通していろんな顔を持つベルファームのイングリッシュガーデン。
自然の力に任せて育てているので、予想以上に花が咲き誇る時季や、思うように花が開かないさびしい時季、土の中で頑張って育っていても外からはあまり見られない時期などもあります。
でも、そんな自然の変化を楽しめるのも、ベルファームイングリッシュガーデンの魅力の一つです。
どうぞじっくり回って、小さなお花や新芽の魅力にも気づいてあげてください。

  • イングリッシュガーデン
  • イングリッシュガーデン
  • イングリッシュガーデン
  • イングリッシュガーデン
営業時間 10:00~17:00
定休日 ・12月31日、1月1日
・1月~3月第3水曜日までの毎週水曜日(祝日の場合翌日)
・4月~12月 毎月第2水曜日(祝日の場合翌日)
(上記以外に臨時休園あり)
春
ガーデンの春の訪れは、樹々の足元に咲く小さな花たちが教えてくれます。
スイセン・ヒヤシンス・チューリップ・ムスカリ・クロッカスなど
  • チューリップチューリップ
  • スイセンスイセン
  • 西洋シャクナゲ西洋シャクナゲ
夏
園内にバラの香りが漂うと、いよいよ夏の始まりです。
さまざまなコーナーにバラの花があふれ、夏の輝きの中、夏を代表する花々が咲き競います。
アジサイ・アリウム・バラ・ヒマワリ・ユリ・スイレン・ヘメロカリスなど
  • バラバラ
  • アジサイアジサイ
  • スイレンスイレン
秋
朝夕に涼しさを感じ始めると、秋の花たちが夏の名残り惜しさを惜しみつつも、優雅な花姿を披露してくれます。
ダリア・パンパス・チェルシー・リコリス・アスター・コルチカム・ゼフィランサスなど
  • パンパスグラスパンパスグラス
  • リコリスリコリス
冬
多くの植物たちが、春に向けて力を蓄え寒さに耐える中、一部の植物には花の季節が訪れます。
スノードロップ・ヘレボラス・ビオラ・レオノチス・ハナセンナなど
  • 雪のコニファー雪のコニファー
  • スノードロップスノードロップ
ガーデンボランティア募集中

イングリッシュガーデンで花苗の植え付けや除草のお手伝いをしていただける方を募集しております。
草花の成長と四季の移ろいを肌で感じる喜びを一緒に味わいましょう。
ベルファーム事務所までご連絡ください。

  • ガーデンボランティア
  • ガーデンボランティア

営業日カレンダー

※赤字は休業日です

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
  • やさい畑公式HP
  • 旅行会社プレスの方へ
  • 視察のご案内
  • 採用情報
  • 園内はペット同伴禁止です。
  • 東海農政局長賞受賞
  • BellFarm Instagram

    • 松阪農業公園ベルファームの
      ↓ ↓ 口コミはこちら ↓ ↓
      トリップアドバイザー
    • 空撮動画はコチラ
    このページの先頭へ